読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかばTS56のゲーム、カード日記

遊戯王、艦これ、ガンストについて思いついたことや感じたことを書いていけたらなと

よくわかるPSYフレーム教室④ PSYフレーム魔法・罠について

ABC構築でちょっと途切れちゃったけど、PSYフレーム教室四時間目。今回はPSYフレーム魔法・罠カード(といってもそれぞれ一種類しかないんだけど)の説明をしていきたいと思います

PSYフレーム・サーキット〔フィールド魔法〕

①自分フィールドの「PSYフレーム」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。自分フィールドの「PSYフレーム」モンスターのみをシンクロ素材としてシンクロ召喚する。

②自分の「PSYフレーム」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、手札の「PSYフレーム」モンスター一体を捨てて発動できる。その先頭を行うモンスターの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために捨てたモンスターの攻撃力分アップする。

 

【PSYフレーム】デッキの生命線。PSYフレームの特徴である相手ターンのシンクロ召喚を発動するためには絶対必須のカードでドライバー同様PSYフレームの構築上絶対に外せないカードでもあります。純構築だった頃はこのカードとテラ・フォーミングをそれぞれ三積みしていたにもかかわらず、引けない時はとことん引けなかったり、初手にサーキット2テラフォ2という泣きたくなるような展開もありました・・・

 

隠された効果もとい②の効果も中々に強力で、腐ったギアで打点上げてぶん殴りにいったり殴りに来た敵を迎撃したりとこの効果で戦局を動かした盤面も多々ありました。PSYフレーム・ロードに対してドライバーを捨てて降下を使うと、あのカオスMAXやサイバー

このカードを守りながら戦う、あるいはこのカードにあまり依存しないで戦うというのはPSYフレームを扱う上での一つの関門となりうると思ってます。

 

PSYフレーム・オーバーロード〔永続罠〕

①1ターンに1度、自分の手札及びフィールドの表側表示のモンスターの中から「PSYフレーム」モンスター一体を除外し、フィールドのカード一枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを裏側表示で除外する。

②墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。デッキから「PSYフレーム・オーバーロード」以外の「PSYフレーム」カード一枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地に送られたターンには発動できない。

 

PSYフレームの永続除外罠。非PSYフレームユーザーからは「インチキ効果もいい加減にしろ!」とかどやされる一枚ですが、使ってる側からしたらホイホイ使えないのが現状、手札のPSYフレームギアを除外するっていうのは思ってる以上に重いコストで、さらに永続なので相手も真っ先に除去を狙ってきます。長くPSYフレーム使ってて一つのデュエルで三回以上効果をつかえるのはそうなかったです。個人的には②のサーチ効果の方が心強くて除外したカードを墓地に戻せるロード・Ωとのコンボで毎ターンPSYフレームギアをサーチ出来るのが中々に凶悪でした。

 

次回は来週発売のインベンション・オブ・ヴェノムで新規に登場する二枚のPSYフレームカードの解説していきたいと思います