わかばTS56のゲーム、カード日記

遊戯王、艦これ、ガンストについて思いついたことや感じたことを書いていけたらなと

公認大会行っていました③

前回抽選漏れしたため実に三週間ぶりくらいの公認大会。今回は【銀河ABC】での参加となります。デッキレシピは以下の通り

モンスターカード

A-アサルト・コア 3

B-バスター・ドレイク 3

C-クラッシュ・ワイバーン 3

ゴールド・ガジェット 3

シルバー・ガジェット 3

銀河戦士 3

音響戦士ギータス 2

音響戦士マイクス 1

超電磁タートル 2

エフェクト・ヴェーラー 3

こけコッコ3

 

魔法・罠

ユニオン格納庫 3

テラ・フォーミング 3

ブラック・ホール1

死者蘇生1

ランスターン 3

 

エクストラデッキ

ABC-ドラゴン・バスター 3

サイバー・ドラゴン・ノヴァ 1

サイバー・ドラゴン・インフィニティ 1

励輝士ヴェルズビュート 1

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1

No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク 1

武神帝-ツクヨミ 1

ギアギガントX 1

輝光子パラディオス 1

エンシェント・フェアリー・ドラゴン 1

月華竜ブラック・ローズ 1

No.39希望皇ホープ

SNo.39ホープ・ザ・ライトニング1

 

一回戦目 VS【青眼】

「社長の嫁」である青眼と「社長のおもちゃ」であるABCの対決というある種正妻戦争の様相を呈した一回戦。初戦は初手にフィールド魔法がなくさらに金銀ガジェも銀河戦士もないという割と事故ってしまいました。どうやら相手も相当苦しい初手だったらしくエンジンがかかる前に攻め切るべくA-アサルト・コア(地味に打点高い)をアタッカーとしたりパラディオスを使って攻め立てたりしたのですが叩ききるまえに相手のエンジンがかかってしまい焼き切られてしまいました。続く二戦目はどうにか先行インフィニティまでは出来たものの、増Gからの大量ドローを許してしまい、そこから青眼特有の高打点に押し切られる形で負けてしまいました。今回もサイドからサイクルリーダー投入したのですが、引けたのがよりにもよってデュエル終盤という・・・思わずおせーよホセとぼやきたくなるような展開でした。

 

二回戦目 VS【旋風BF】

二回戦の相手はかつて一世を風靡した旋風BF。デッキ自体はオーソドックスな構築っぽかったのですが、エクストラデッキの瑚之龍が入ってたのがちょっと意外でした。対戦自体は相手が展開しきる前に二連勝できたので、何故瑚之龍を採用していたのかその時は分からずじまいでしたが、あとでその人のフリー対戦を観戦している時にアルティマヤ・ツォルキン出していたので、チューナーとしての採用かぁ…と驚きました。(ABFの中にもチューナとして扱うことのできるシンクロモンスターいますし)

 

三回戦目 VS【メタルフォーゼマジェスペクター】

三回戦の相手は前にもあった事があって、今回はそのリベンジマッチ。環境トップだけあってやっぱ先行渡すと展開力凄かったです。こっちも神の通告使わせる覚悟でタベリオンだして通告無駄打ちさせたのにまさかの神の宣告もあったという展開は流石に答えました。このデッキの弱点として、エースの召喚に失敗するとリカバリーが絶望的な天があって、返しの猛攻を止められずに敗北。続く二戦目は先行ABCとインフィニティ並べられる手札だったのですが相手の増Gにビビって展開を止めちゃった結果、ツォルキンからのクリスタルウィング、さらにマジェスペクター・ユニコーン二体を叩き出されてそのまま敗北。・・・クリスタルウィング+Wユニコーンとかどうやって返せばいいんだよ。増Gに怯みさえしなければ少なくともツォルキンは止められたはずなだけに悔しかったです。

 

大会終了後に、同じABC使いと会話する機会があり、音響戦士やフォトンスラッシャー採用型についての意見交換が出来たのは幸いでした